地平線ニュース

新商品の紹介やお知らせしたい情報を随時発信

2017年秋のストーブメンテナンス受付中!

2017-7-29

暑さはまだまだ続く中、薪つくりは一段落でしょうか。

さて次は、ストーブ周りをきれいにする・・・ですね。

 

当店では9月からストーブメンテナンスをしますので、今から予約承ります。

10月中には終える予定です。11月になってからのご依頼は日程調整が難しいのでご注意ください。

毎年のお客様はもちろん、今年は念入りに点検したい方、お申し出ください。

お早めの申し込みをお待ちしています。

 

 

メンテナンス用品は当店で取り揃えています。ご利用ください。

 

煙突のススをきれいに取るには、窮屈くらいのブラシでなければなりません。

やわらかで、ササっと通せるブラシは要注意!煙道内火災の原因になります。

薬剤でススをとるやり方もあるらしいのですが、当店ではお勧めしていません。

 

年に一度の掃除を、とお話ししてますが、煙道を90度に曲げて立ち上げた場合、そして乾燥不十分な薪を燃やしてしまっている場合、節約のためと絞って燃やしていた場合などは一度ならず何度かの掃除も必要になります。そんなこんなの点検もしたい方も遠慮なくお申し出ください。

 

自分でやる場合は、煙突掃除はもちろん、パッキンのように敷いてあるガスケットの交換、お湯を吹きこぼしてさび付いてしまったトップの掃除、触媒(ついているものは)の点検、などストーブ庫内のチェックが必要です。

特に扉のガスケット交換時の目安は、前シーズンの燃え具合を思い出して下さい。

絞っているのに変わらずよく燃えた、ガスケットが薄く硬い、ところどころ切れているなどありませんか。

ガスケットはストーブ機種によって違いますので事前に調べて購入しましょう。

装着用専用セメントは一度使うと固まりやすいのでその都度しっかりキャップを閉めてください。

 

まだまだ暑い日が・・・・と思っているうちにあっという間に秋の風が吹きます。

ストーブのメンテナンスは今から心がけておくといいですね。

 

Topへ戻る