原木と薪

一番気になる焚き物は・・・?

ログラックのできるまで

薪ストーブの生活には薪は勿論、その収納も考えなければなりません。
軒下やデッキの上、それでも一冬分を置くとなると、場所も要ります。
自前で作るやり方はいろいろありますが、ここでは当店取扱い商品から。

既製品の「2×4ログラック・スライド」(当店取扱い品・金属部分)で作りました。

設置スペースに合わせてサイズを変えられ、もう一つ手前に並べて奥行きのあるウッドラックも作れます。

先ずは骨組みから 作りたい長さで組み立てる。 

 上と下はこのように。

特に下の部分は、しっかり固定。 

  

屋根はコンパネで、雪や雨の吹きつけにも大丈夫なように深めにします。

垂木を等間隔で設置、雪の重さに耐えるように。

     

ルーフィング(防水紙)は2枚貼りです。

これで雨風はしのげます。余裕があれば板を貼りますが、とりあえずは大丈夫。

勿論、透明の波板でもいいのですが、雪の重さに耐えることを考えてやることです。

 

   

              

Topへ戻る