コラム

店主からの耳より情報

薪棚いろいろ

こんな薪棚も自分で作れます。

  

薪棚は生活するうちに置き場所を変えたくなります。

乾いた薪を運ぶ手順に沿って都合のいい場所に落ち着くまでは移動したくなるのです。そんなことも可能です。奥行きをつけてタップリ収容もできます。

単管パイプをつないで、屋根材はポリカーボネートの波板で作ると、日光が当たり乾きも早くなります。

    

こちらは木製の薪棚。

屋根材も野地板、防水紙、板張りと丁寧に。

いずれも地面から15センチは開けて風が通るようにします。 

Topへ戻る