コラム

店主からの耳より情報

薪ストーブ生活をする前に~

 

 

ストーブを入れる!と決めてからやることは、もちろん薪つくりです。

薪は初夏までに原木の玉伐り、夏いっぱいの乾燥を経て、秋口には屋根かけするのが一般的です。そうしてできた薪はこの冬から燃やせます。

雨風にさらして乾燥させている間にすることは・・・・・薪置き場つくりです。

先ずは、”薪を運んで室内に入りストーブ横まで持っていく” をイメージをしてみましょう。

 

日当たりのよい場所に薪置き場を作ります。できるだけ玄関や入口に近いところに決めるといいですね。

できれば玄関内にも最低2,3日分、できれば4,5日分の薪を置くスペースがあると便利です。

そして、ストーブ横に2日分くらいの薪を置く場所を確保します。(これには室内用ストッカーなどがあります。)

外から運んだばかりの薪は外気温が低いため冷たく、どんなによく乾いているからといっても、ストーブ庫内の温度を下げてしまいます。すぐには燃えてくれません。

一度玄関もしくはお部屋の隅にでもストックしたものを、ストーブ横に常に置くことによって薪本体が室温になります。

それを燃やすと、火つきもよく早くよく燃えて、大きなよい火床がつくれます。

 

いきなり外から持ってきたものは、どんなに乾燥させたものでも、冷たさでジワッと水分が出て水蒸気状態になります。

面倒でも二段階くらいを経て燃やすことをおススメします。

 

このイメージに沿って、本格的な薪置き場を作ります。

最初の年はどんな動きがいいのか定まらないので、移動できる簡易なものがいいです。既成のログラックにひと手間かけるとかなりのモノができます。

注意したいのは、地面から15センチくらいのところから積み上げること、下で常に風が動くようにしておくことです。

軒先に置けるといいのですが、そうでない場合は簡単な屋根がけ、もちろんコンパネや波トタンなどでもいいでしょう。

 

こうした後の薪が横から雨、雪に濡れても表面だけですのですぐに乾き、燃やすには大丈夫です。春から夏に雨風にあてて、木の芯にある水が抜けてあればいいのです。

こんな場面を想定しながら図面を作る、建築相談をするといいですね。

 

この薪つくりにまつわるお話でこんなご一家があります。

 

お父さんが薪つくりをする。子供たちは休日に薪運びを手伝います。

ある日、娘さんの夫がやってきて一緒に手伝い始めました。

普段は娘婿とお父さんの会話はあまりなかったのですが、薪つくりを手伝いながら自然と話が弾んだそうです。

一緒に汗を流し、笑いながらの光景に、娘さんとお母さんは胸がキュンとして熱いものがこみ上げたそうです。

一緒にお食事をしてもありきたりの会話しかなかったのに、ちょっと気まずい雰囲気もあったのに・・・。それは二人が一つのことを一緒にやっている楽しさが伝わってきた瞬間でした。

娘さんが、共通話題がなかった夫と父の関係を気にしていたことも、お母さんは知りました。「うれしくてお話にきました」と来店してくださったおかあさん。

いいストーブライフを提供できたと、こちらもうれしくなったことでした。

 

薪置き場つくりの参考には「薪棚いろいろ」や「ログラックのできるまで」をご覧ください。

Topへ戻る