コラム

店主からの耳より情報

ギリ―ケトル~アウトドアボイラーとは・・・

 

アウトドアでお湯を沸かすには火をおこして焚火をしながら・・・、EPガスであるいは石を積んでカマドを作って・・・など、また今はやりのロケットストーブだってお湯が沸きます。

 

しかしそんな概念をちょっと変えた道具があります。

 

その名は”ギリ―ケトル” イギリス製のもので枯れ葉や松ぼっくりなどを燃料に、あっという間にお湯が沸くといわれているケトルです。

先ずはお湯の沸く仕組みから説明しましょう。

 

 

上記のようにケトルの中央は直接炎が通るようになっています。

水のはいっている部分はケトルの側の部分、熱が伝わる部分が大きいので、あっという間に高温になるというわけです。

 

 

上の写真の左はベースといって燃料入れ、燃料といっても小枝や枯れ葉、松ぼっくりなど、もちろん固形燃料でもOK.

右はコッヘルでこれはベースに直においても、ケトルの上にポットサポートをおいて火にかけてもいいものです。

 

こんなふうに使います。

お湯を沸かしながら調理をする・・・という二つの仕事が一度にできるというわけです。

 

もっと詳しく見てみると・・・

高温になりますが、鎖付きの蓋、木製取っ手などで直接ケトルには触れないような仕様になっています。

とはいえ、くれぐれもやけどにはご用心!注意は必須です。

 

手にとって見たい方、当店に置いてありますのでどうぞおいでください。

 

 

 

 

 

 

Topへ戻る