コラム

店主からの耳より情報

ガンコな煙道内の掃除

煙道内のメンテをしました。

このお客様はシーズンの大半はよく乾いた薪を使ってましたが、一月からの一か月間乾ききっていない薪を使いました。

足りなくなって買い求めたものが、よく乾いていなかったようです。

そして少ない薪を大切に使いたくてつい絞って燃やしていたら・・・・ 逆流、煙だらけ、燃えない・・・ そのはずです。

煙道内は5センチくらいしか空いてない程のススの塊でした。

 

この段階で今シーズンのストーブ使用は中断、他の暖房で過ごしていただきました。

煙道を外し、こちらに持ち帰りの作業です。

  

そこで、こんなふうにバーナーでススを燃やしきることにしました。

   

ススは燃えて煙がモクモク~時間もかかります。

 

 煙道の下には水入りバケツを置いて、燃えカスを落とします。

先のほうまではとても燃えないので、少し冷ましてからビスを外しました。

その中は・・・・こんな感じ・・・

 こうなりました。

 見違えるようにきれいな煙道です。

 これならお客様に喜んでいただけそう。

でも煙道はあと2本もあります。

まだまだ掃除は続きます。

今回は雨上がりの湿った土の上に、にわか作業台を設置して作業をしました。

こうして煙道を安定させて、水もしっかり用意して、安全対策は怠らぬようにやらなければなりません。

 

そもそも、こんなにススをつけないこと、しっかり乾かした薪を使うことです。

そして、節約のつもりでトロトロ火にしようと絞る前に、一呼吸してください。

しっかりオキができているか、庫内の温度が十分に上がっているか、それから絞ることです。

庫内の酸素が完全に燃えない状態が続くとススが付きやすくなります。

 

煙道内火災を起こさないように、年に一度はメンテナンスを!

ススが少しついた状態でも、時として煙道内火災は発生します。

燃やし方・・・ひと晩中トロトロ燃やしたい~

 

どうやったら一晩中燃やし続けられるのか・・・

よく聞かれます。

 

先ずは乾いた薪を用意すること。

薪の種類はクヌギ、ナラ、リンゴ、アカシア、サクラなどの内、クヌギとナラは火持ちが抜群です。

夜だけでもナラなどを混ぜて燃やしただけで、かなり長い時間トロトロ燃えてくれます。

 

ストーブはアンコールでナラの薪を使った場合ですが新聞紙をクシュクシュとしてから薪くずや小枝をのせ焚き付けは始まります。

同時に薪を2、3本くらい入れるのですが、この時薪の間に空間を作っておく。

庫内が燃えてきて、ストーブの温度計が200~250度くらいになったらもう1,2本薪を加える。

 

ダンパーを閉めるのは再び200度を超えた時。

この時は空気調節は真ん中くらいにとどめておくと200度くらいの温度をかなりの時間保てます。

 

 

但し、薪の量がしっかり入って下の方に熾き(おき)が赤々とできている状態でなければ一定の温度は保てません。

夜中燃やし続けるには、大きな熾きがあるうちに多めの薪(太めで3,4本でしょうか)を入れてしっかり庫内の温度を上げる。

 

 

200度以上になったらまた2本くらい薪を足してダンパーを閉め空気調節を全開に・・・

数分して庫内が赤々と燃えているのを確認してから、空気調節を完全に閉めてちょっと引き戻しておきます。

 時折炎が大小に揺れながら、ゆっくりトロトロ燃えていけば・・・そのまま朝まで・・・・7時間後くらいには灰色の熾きの中に赤い火が見え隠れするくらいになっているはずです。

そして朝、新しく薪を加えて一日がスタートします。

 

Sさんの場合、熾きの作り方が小さかったこと、足した薪の量も少なく空気調節は全開だったそうです。

そんな状態では火は長持ちしないのです。

大きな火床、灰色になっても中が赤々と燃えて熱さが伝わること、などを何度も見て確認していました。

 

もう一つありがちなのは、2,3本薪を入れて赤い熾きの状態が小さくなるまで放っておいてから薪を足すのを繰り返すことです。

それではいつまでたっても、大きな火床ができずに中途半端な状態で温度も一定になりません。

思い切って多めの薪で大きな火床を作ることが、薪の節約にもなります。

 

大きな熾きは暖かさが持続し、家中が本当に温まります。

 

ヨツールやモルソーなどのクリーンバーン式の場合はダンパーは無く空気調節のみですので、微妙な絞り具合を身体で理解していただくことになります。

 

たとえば、風の強い日などはいつものような空気調節の絞りですとよく燃え過ぎます。空気の流入量をよく見極めて、調節しなくてはなりません。

ダンパー式に比べると薪がよく燃える印象になります。

 

熾きを作るのもそんなことを加味しながらやってみるといいと思います。

 

空気調節を絞っておくと、「ボッ!」と小さな爆発音が聞こえることがあります。

バックファイヤーといって、庫内にたまった生ガスが燃える時です。

そんな時はダンパーを開けて空気をしっかり取りこんで様子を見てからもう一度絞ってください。

 

酸素がちょっと足りないよ・・・絞りすぎているよ・・・という合図と思って空気を入れてあげましょう。

(ストーブの機種や薪の種類、乾き具合で多少の違いがありますので、あくまでも参考にしてください。)

 

 

 

 

 

 

チェンソーワーク、上達した暁には~~

 

チェンソーワークがほぼ完ぺきなKさん。

原木置き場で・・・・スムーズな玉伐り作業に満足!

持っている棒で、薪の長さを測りながら・・・とても楽しそうな笑顔です。

 

 

 

住宅事情で原木を庭で伐れない方には土場を提供しています。

そこでチェンソーで玉伐りしてから家に運んで割ります。

 

 

 

運んだ玉伐りの原木を、斧で割っていきます。

見事に割り続けて・・・斧を持つ様も・・・いいですね~

 

 

テラスから見ると、こんなふうに・・・

井桁に積み上げて、風通しをよくします。

冬に備えて、もう安心です。

 

それにしても、Kさんは何でも絵になりますね。

 

彼のチェンソーメンテナンスは本当によくできています。

作業が終わったら目立てをして、次にいつでもすぐに使えるようにと用意しています。

チェンソーの音にいつも気を使って、伐り具合のチェックも欠かしません。

 

薪ストーブ導入をきっかけに始めたチェンソーワークで、ここまで上達したのですから、すごいですね。

Kさんの薪つくり風景はこちらにもありますのでごらんください。

 

チェンソーワーク、上達したい~

 

薪ストーブ生活に欠かせない、チェンソーワーク。

上手になりたい!でもスーッと、お豆腐切るみたいになめらかに切るなんて、夢のまた夢・・・

なんてあきらめていませんか?

 

 

 

もう少しだから・・・と無理して力で切っていませんか?

 

自分で薪作りたいけど・・・・できるかな~と不安がる方に、安全で楽しいチェンソーワークを指導しています。

この夏の初め、2回に分けて講習を行いました。

 

先ずは目立ての話から始まりましたが、刃の角度がそもそも間違っていた、目立て時を過ぎても作業していた、フィルターのつまりに気づかず使っていた・・・など、どれもみなさん同じ使い具合でした。

 

もう少し、もう少しと思ううちに、目立て時を失い、つい力任せに切りこんでエンジンに負担がかかってしまうのです。

 

 

ひと通り講習を受けた後、思い思いの場所で、自分のチェンソーの点検です。

 

 

 

 

 

「やっとわかった!」「そうだったのか・・・」「俺と同じだね・・・」など、声が飛び交います。

 

そして終った時は皆、笑顔!

誰かが「もう、大丈夫だ!」と。

 

一瞬、安堵の空気が流れて・・・心地よいひとときでした。

 

そしてコラムでは「上達した暁には~」も編集、ごらんください。

 

 

ギリ―ケトル~アウトドアボイラーとは・・・

 

アウトドアでお湯を沸かすには火をおこして焚火をしながら・・・、EPガスであるいは石を積んでカマドを作って・・・など、また今はやりのロケットストーブだってお湯が沸きます。

 

しかしそんな概念をちょっと変えた道具があります。

 

その名は”ギリ―ケトル” イギリス製のもので枯れ葉や松ぼっくりなどを燃料に、あっという間にお湯が沸くといわれているケトルです。

先ずはお湯の沸く仕組みから説明しましょう。

 

 

上記のようにケトルの中央は直接炎が通るようになっています。

水のはいっている部分はケトルの側の部分、熱が伝わる部分が大きいので、あっという間に高温になるというわけです。

 

 

上の写真の左はベースといって燃料入れ、燃料といっても小枝や枯れ葉、松ぼっくりなど、もちろん固形燃料でもOK.

右はコッヘルでこれはベースに直においても、ケトルの上にポットサポートをおいて火にかけてもいいものです。

 

こんなふうに使います。

お湯を沸かしながら調理をする・・・という二つの仕事が一度にできるというわけです。

 

もっと詳しく見てみると・・・

高温になりますが、鎖付きの蓋、木製取っ手などで直接ケトルには触れないような仕様になっています。

とはいえ、くれぐれもやけどにはご用心!注意は必須です。

 

手にとって見たい方、当店に置いてありますのでどうぞおいでください。

 

 

 

 

 

 

只今、エコファン活躍中!

今シーズンは燃やす時期に入って、こんなお客様が多いです。

このエコファン、本当に効果ありますか?

どのくらいの広さが有効なの?

置けるかな?等々

 

先ず、ストーブトップに置く余裕があるかを確かめましょう。

 

エコファンの底は300度以上の熱には耐えられませんので、、写真のようにウオーミングシェルフに近いところや、温度が下がり気味の端の方に置くようにします。

暖かい空気はどんどん上昇しますが、横からファンでかくはんするとジワリと暖かさを感じるようになり、その分部屋の温まり方が早いようです。

 

設置の向きはいろいろ試してみてください。当店ではあれこれやってみましたが、今の位置に落ち着きました。

 

 

エコファンの小は今季からちょっと仕様が変更になり、今までのモノより、空気循環量がアップしました。

 

小さい方では心もとない・・・と思われているお部屋も、このタイプだと充分、ということもあるということです。

 

専門的に言いますと、ストーブトップの平均温度が200度Cの時、空気循環量が24%アップ、低温時には90%、高温時には15%アップするということです。(ファイヤーサイド資料より)

 

もうひとつの違いはストーブトップが今までは150度位からファンが回り始めましたが、これは65度Cから回り始めるので、作動温度範囲が広がりました。(ファイヤーサイド資料より)

 

 

 

よく聞かれることが、シーリングファンを取り付けようと思うが・・・という声です。

 

シーリングファンは大きな空間をかくはんするにはいいのですが、当店での経験ではファンの真下は冷たい空気が下がってきて寒い思いをしていました。

ちょっと場所を移動すると暖かさが下に下りてくるので、全く効果がないわけではありません。

 

既設の住宅にわざわざ取り付けるよりは、お部屋の上方の角に小さな扇風機をつけたらいかがでしょう…と提案することがよくありました。

たいていの方はそれに納得されてました。が、このエコファンが出現したことで話は変わります。

 

気になる扇風機の音、電気を使うことへの懸念、などを考えたらこのエコファンにしてみようという方々が確実に増えていますが、ストーブ周りはエコファンで、大きな空間はやはり扇風機でなどとそれぞれ工夫されるといいでしょう。

 

エコファンはモーターと羽が壊れた場合はその替えがあります。

モーターは使用頻度に限りがありますので、その用意はされています。

回転中の羽はかなりの勢いなので、うっかり触れてケガをしたり、落として壊れたりということが起こりやすいので充分注意するところです。

 

当店のエコファンの使い方を巡って、使い始めた2年近く前いろいろ試したことがあります。

詳しくはブログ「安曇野のストーブ屋たより」をご覧ください。

かっこいい薪つくり

 

当店の敷地では、毎年何件か原木の玉伐り作業をする方がいます。

お住まいの事情などで作業ができない方には、場所を提供しています。

 

   

今回はその内のひとり、穂高在住のKさんの作業風景などご紹介しましょう。

 

いつもはご自分の庭でやっていたのですが、今年は場所の確保がままならず、当店の敷地で、ということになりました。

3トンの原木を、午前中の2時間位を限度とし、数日かけて玉伐りしました。

チェンソーワークは一日中やるものではないので、理想的な作業工程でした。

スタイルも帽子、サングラス、チャップス、ブーツと、完全装備です。

 

集中力が途切れた時に事故を起こしやすいモノです。なので一日の内の午前中または午後の1,2時間が限度と考え、長い時間やらないことがケガの防止につながります。

暑い時間帯も避け、早朝、または夕方などに行います。

 

Kさんは恩年72歳、それでも軽快なチェンソーワークに思わず拍手!

次々と玉伐りしていきます。

聞こえるエンジン音が気持ちいい!スーッと伐れているのが遠くからでもわかります。チェンの目立てがきちんとされている証拠、大事な大事なことなのです。

 

作業の前には必ず目立て、できれば一つの作業が終わった後に目立てをしておく。次の作業に備えておくのが理想です。

玉伐りした原木を軽トラで自宅まで運んで、今度は薪割りです。

 

  

 

割り終ってご満悦のKさん。

この薪を夏中干して、薪棚に入れれば、この秋から燃やせます。

大きな仕事を終えた満足感は、できた薪を買ったのとでは大違い、主としての誇りが伝わります。

 

  

 

実は、Kさんはプロのイラストレーター。

こんなふうにデジカメではなく、すぐにスケッチします。

細かな描写から、ぬくもりが伝わってきます。

 

作業を終えた数日後、この絵を持ってきてくださいました。

絵の内容:チェンソーグッズ一式。チェンソー、ブーツ、チャップス、どれも安全にチェンソーワークするには必要なものです。

細かな字は日記調になっていて、グッズを手に入れたいきさつなど書き込まれています。

 

こんなふうに、ササッと描けるのはうらやましいですね・・・・。

 

 

薪ストーブ生活をする前に~

 

 

ストーブを入れる!と決めてからやることは、もちろん薪つくりです。

薪は初夏までに原木の玉伐り、夏いっぱいの乾燥を経て、秋口には屋根かけするのが一般的です。そうしてできた薪はこの冬から燃やせます。

雨風にさらして乾燥させている間にすることは・・・・・薪置き場つくりです。

先ずは、”薪を運んで室内に入りストーブ横まで持っていく” をイメージをしてみましょう。

 

日当たりのよい場所に薪置き場を作ります。できるだけ玄関や入口に近いところに決めるといいですね。

できれば玄関内にも最低2,3日分、できれば4,5日分の薪を置くスペースがあると便利です。

そして、ストーブ横に2日分くらいの薪を置く場所を確保します。(これには室内用ストッカーなどがあります。)

外から運んだばかりの薪は外気温が低いため冷たく、どんなによく乾いているからといっても、ストーブ庫内の温度を下げてしまいます。すぐには燃えてくれません。

一度玄関もしくはお部屋の隅にでもストックしたものを、ストーブ横に常に置くことによって薪本体が室温になります。

それを燃やすと、火つきもよく早くよく燃えて、大きなよい火床がつくれます。

 

いきなり外から持ってきたものは、どんなに乾燥させたものでも、冷たさでジワッと水分が出て水蒸気状態になります。

面倒でも二段階くらいを経て燃やすことをおススメします。

 

このイメージに沿って、本格的な薪置き場を作ります。

最初の年はどんな動きがいいのか定まらないので、移動できる簡易なものがいいです。既成のログラックにひと手間かけるとかなりのモノができます。

注意したいのは、地面から15センチくらいのところから積み上げること、下で常に風が動くようにしておくことです。

軒先に置けるといいのですが、そうでない場合は簡単な屋根がけ、もちろんコンパネや波トタンなどでもいいでしょう。

 

こうした後の薪が横から雨、雪に濡れても表面だけですのですぐに乾き、燃やすには大丈夫です。春から夏に雨風にあてて、木の芯にある水が抜けてあればいいのです。

こんな場面を想定しながら図面を作る、建築相談をするといいですね。

 

この薪つくりにまつわるお話でこんなご一家があります。

 

お父さんが薪つくりをする。子供たちは休日に薪運びを手伝います。

ある日、娘さんの夫がやってきて一緒に手伝い始めました。

普段は娘婿とお父さんの会話はあまりなかったのですが、薪つくりを手伝いながら自然と話が弾んだそうです。

一緒に汗を流し、笑いながらの光景に、娘さんとお母さんは胸がキュンとして熱いものがこみ上げたそうです。

一緒にお食事をしてもありきたりの会話しかなかったのに、ちょっと気まずい雰囲気もあったのに・・・。それは二人が一つのことを一緒にやっている楽しさが伝わってきた瞬間でした。

娘さんが、共通話題がなかった夫と父の関係を気にしていたことも、お母さんは知りました。「うれしくてお話にきました」と来店してくださったおかあさん。

いいストーブライフを提供できたと、こちらもうれしくなったことでした。

 

薪置き場つくりの参考には「薪棚いろいろ」や「ログラックのできるまで」をご覧ください。

ストーブ周りを充実させましょう

   

 

薪ストーブの周りのグッズ、取り揃えています。

人気は大分周知されてきたエコファンです。 

  

店内に見えた方には先ず目にとまります。ストーブの上でクルクル回っているのですから・・・。

使っている方が、お部屋の上層部にたまった暑い空気が無くなって横の部屋に暖かさが流れる感じ・・、と表現してくれました。

またある方は音もなく静か、回り具合で薪の減り加減がわかる、なんだか面白い、等々個々のお宅での反応は様々です。

こんな方も・・。ちょっとお鍋ぶつけて、そのあと動きが鈍い感じなので、と持ってきた方がいました。

早速使用してみたら何事もなく回り始めました。万一何かと接触して止まった場合は無理に手で回さないこと。少し回るよう手を添えただけで自然と回り始めます。

 

ウッドホルダー

  

鉄性で底板付きのデザインです。

ストーブ横などには収まりよく、2,3日分の薪のストックには重宝します。ここで室温になっているとストーブに入れたときにはよく燃えます。

外からの冷たい薪は玄関、ストーブ横などと置き場を順繰りさせると乾燥もして薪の燃えがよくなります。

 

ウッドストッカー

  

形もいろいろあるので、焚き付けようの細かな薪や鋏入れなどと用途は様々です。

床に薪屑が落ちないのでストーブ周りはいつもきれいにしておけます。持ち運びも楽なタイプです。

 

ピザ用品

  

「市販のピザだってこのラウンドグリドルにのせれば、立派な手作りピザ!」こんなことをお話ししてくださったお客様がいます。

クッキングスタンドとともに、一つはほしいグッズ。

アンコールなど大きなストーブ用ばかりではなく、イントレピットⅡやアスペンの炉内にも入れられる213mm(直径)もあります。

ピザストーンもふっくら焼きたい方にはひそかな人気です。

 

その他、薪運びグッズ、鉄製ログラックなど取り揃えています。

また、ご希望の商品はお取り寄せできます。ご利用ください。

 

  

くもってしまうドアガラスを何とかしたい!

 

初めて薪ストーブを燃やすとまず、気になるのがドアガラスの透明度です。

 

薪ストーブのある暮らしは夢みたものの、思い描いていた赤くクリアなガラスには程遠い・・・・と試行錯誤している方々のためにちょっとしたアドバイスをいたしましょう。

 

先ずは、燃やしているのですから、ススが出て当然!と思うこと、ですね。

(下の写真は薪が燃え尽きていて白っぽいガラスになっています。)

 

 

 

昨今の薪ストーブのガラスは高温になると、くっついたススがパラピン化してポロポロと取れていきます。ですから最初の燃焼は250度くらいまではしっかりと燃やすことです。

 

しっかりと燃やすとは、庫内がまんべんなく200度以上になるまでを、そして薪の状態は下の方に白がかった ”おき” ができ始めるまでの状態のことです。

そうなってからダンパーを閉めて空気を遮断し、後は微妙な空気調節に入ります。(バーモントキャステイング製アンコールの場合)

 

薪の節約のためにこのとき空気調節も絞りすぎることがありますが、ちょっと待ってください。

良い状態で燃やすには相応の空気も庫内には必要です。

空気調節は全開に近い状態、もしくは少し絞りかけた状態でしばらく燃やします。そうすると部屋中が徐々に暖かくなってくるのが実感できるはずです。

この暖かさが室内の壁などに蓄熱されて部屋を暖めていくのです。

 

 

しばらくこのままですと、庫内にはしっかりとした一人前の ”おき”ができているはずです。

さて、気になるドアガラスは・・・完全にクリア状態ですね。炎がよ~く見えます。

 

一方、薪の置き方でもススがつきやすくなります。

庫内のどこに薪を置くか・・・、ドアガラスにくっつくくらいに置くと黒~くススがつきやすくなります。できるだけガラス面につかない距離に薪を置くことです。

耐火ガラスですから燃えた薪がくっついても問題はないのですが、ススは見る見る間につきます。そうなったときは薪を奥に移動して高温で燃やすときれいなガラスに戻ります。

 

夜、休む時は今度は空気をしっかり絞ります。

朝、ドアガラスは白っぽくくすんでいます。”おき” も灰になって暖かさのみが残っています。

 

さあ、もう一度、昨日のように思い切って燃やしてみましょう。すぐにきれいなガラスになります、なるはずです。やってみてください。

 

 

それでも気になるちょっとしたくもり、やっぱり拭きたい・・・、その時は「耐火ガラス用」の専用クリーナーをお使いください。

 

普通のガラスクリーナーでは、耐火ガラスの強度を弱めるといわれています。注意したいところです。

但し、温度が完全に下がってから使うことです。

 

このようによく燃え、透明度のあるガラスを保つには、 ”よく乾いた薪” を使うことが必須です。

 

外の薪置き場から玄関内などの室内に、ストーブ横にと使う薪を少しずつ移動させながら常に常温の薪を燃やすことが、庫内の温度を急激に下げさせないコツです。

よく乾いた薪のお話はこちらでもしています。ごらんください。

Topへ戻る