薪ストーブ

薪ストーブライフを決めたら~ 

 

「薪ストーブの生活を」と決めると先ずはどんなストーブが・・・・と探し始めます。
今では建築する側でお世話することも多くなりました。


でも、ちょっと待ってください。
「お任せ!」では、後でこんなはずでなかったなどの不愉快なことが発生したらどうしましょう。
どんな機種でも高額なものですから、オーナー自身でストーブ屋めぐりをしていろいろな疑問点を
ぶつけてみましょう。
そして、これから何年もずっと相談にのってくれるストーブ屋を見つけるのです。
薪ストーブは設置したら終わりでなく、設置してから長~いお付き合いが始まるのです。

当店での導入を検討される場合

 ~決め手は煙道システム~ 

 当店では、安全な煙道のシステム確保を第一として日々ご提案させて頂いております。

新築と既存住宅の場合

 ~新築では~

      

新築の場合は先ずは設計図面をお見せください。

容積にあったストーブ、安全なシステムをご提案して見積もりをいたします。

設計中のご相談であれば、薪ストーブの良さを活かし、暖房効率を高める設計上のアドバイスをすることが可能です。

ストーブ工事の流れは・・・

 工事が決定しましたら~

             

経験豊かな熟練のスタッフが過不足のない工事施工を行ないます。

工事場所が遠隔である場合等もなるべく少ない予算で施工出来るよう努力しています。

もっと詳しく~フラッシング

屋根周りに使う煙突用雨仕舞い板・・・フラッシング

       

フラッシング(煙道を包み込むようにして屋根材に固定する)は輸入ストーブの大半は外国の家仕様です。

日本の家屋で屋根周りを充分に囲みこんで雨じまいするのは困難がありすぎました。

輸入物の大半は背が低く、アルミが弱く、日本の重い雪には耐えられません。

そこで(株)ノースフィールドでは鉄工所でオリジナルのフラッシングを作り、従来より大きなものにしてより安定させています。

屋根材はスレート、金属、瓦などほとんどのものに対応します。

Topへ戻る