支障木(伐採)

森林公園の枯損木を伐採しました

2010-10-7

 

森林整備ボランティアとして、某森林公園の枯損木の伐採をしました。
支障木の伐採は出来れば木々が水を吸わなくなった今から翌年の3月くらいまでが
いい時季なのです。

これから冬に向かって雪などによって倒れそうな木、ありませんか。

今のこの季節にそのような 屋敷林のお手入れもしておくといいですね。

屋敷林にストーリーを!

店主が森林整備ボランティアで活動している某森林公園の枯損木は、今回は1本、これからはアカマツなどの伐採を控えています。
手入れをしてどんどん明るくなり植物は勿論、鳥、昆虫、蝶などの生息状態がよくなりました。
将来の森を見据えての森つくりをボランティア仲間と模索しながらやり始めたら、着々と生き物たちが増え始め明るくなり、人々も散策しやすくなって、いわゆるいい森林公園へと変わってきました。

 同じように屋敷林も手入れをすると心地よさがグッと違ってきます。

住み始めは気にならなかった庭木が予想以上に大きくなって家やお隣に危ないことになった等、ドキッとすることがありませんか?

支障木伐採

~家周りの木が大きくなりすぎた、倒れ掛かってきた!手入れをしたいなど等ご相談に~

       

近年、風倒木の被害が増え続けています。

土地を手に入れた頃は小さな木でしたが20年、30年と経つうちに家屋に迫る勢いで大きくなっています。

屋敷林などで倒れそうな木、家屋に被害が出そうな危ない木、数年後には気持ちのいい雑木林にしたいなど、さまざまなお客様のご要望にお答えします。

敷地内の木を伐採後、時季が良いときは原木を市場に出して売れます。

そんなお手伝いもいたします。

Topへ戻る