ストーブメンテナンス

ガンコな煙道内の掃除

煙道内のメンテをしました。

このお客様はシーズンの大半はよく乾いた薪を使ってましたが、一月からの一か月間乾ききっていない薪を使いました。

足りなくなって買い求めたものが、よく乾いていなかったようです。

そして少ない薪を大切に使いたくてつい絞って燃やしていたら・・・・ 逆流、煙だらけ、燃えない・・・ そのはずです。

煙道内は5センチくらいしか空いてない程のススの塊でした。

 

この段階で今シーズンのストーブ使用は中断、他の暖房で過ごしていただきました。

煙道を外し、こちらに持ち帰りの作業です。

秋のストーブメンテナンス受付中

2015-9-1

9月の声とともに涼しさから肌寒さに変わりそうな信州です。

そろそろ薪ストーブを炊く準備を・・・

 

先ずは、薪をしっかり乾かしてストックヤードに入れましたか。

まだの方は秋晴れの良い日に屋根かけをして、雨に当たらぬようにしましょう。

 

この時、乾いた薪は上からの雨には当たらぬように屋根掛けをすること、側面からの吹き付ける雨はすぐに乾くので気にしなくてもよく、くれぐれもシートなどで丸囲いしませんように。

 

薪の準備ができたら、次はメンテナンスです。

Topへ戻る